【特典】コブクロ配信ライブお得情報【10/3開催】

【出生前診断】必ずしも医師から検査の説明があるわけではない【検討中の方は要注意です】

こんにちは!

不妊治療を乗り越え、妻が37歳で高齢出産を経験したザッキー(@good_life_65)です 。

 

出産に際して不安なこととして、〝胎児に障がいがないか〟ですよね。

 

特に高齢での妊娠・出産では、胎児の先天性疾患の割合が高くなると言われており、出生前診断を受けるどうかがポイントになってくると思います。

 

実際に私たち夫婦は、出生前診断を受けないという決断をしました。

【高齢出産】私たち夫婦が出生前診断を受けなかった5つの理由【実体験】

 

ではこの決断に至るまでに、出生前診断に関して医師から説明があったのか?

 

答えとしては、Noです!

 

実は高齢出産だからといって、必ずしも出生前診断に関して医師からの説明があるわけではないのです。

これから詳しくお話していきますので、高齢妊娠の方や出生前診断を受けるかどうかで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

高齢でも必ず検査の説明があるわけではない

エコー検査で異常がなくても、高齢での妊娠の場合、てっきり出生前診断の説明・案内があるものかと思っていました^^;

 

しかし、妻の担当の産婦人科の医師からは何も出生前診断の説明はなかったです。

 

 

ん?説明がないということは大丈夫なの?

 

 

よく分からないまま、週数が経っても説明がないまま…

 

twitterで検索していると…

同じような人がたくさんいました。

 

これは高齢とかの問題ではなさそうだなと疑問に思い、知り合いの看護師に聞いみたところ…

 

出生前診断に関しては、高齢など関係なく患者に説明する医師と、しない医師に分かれるようです。

医師によって倫理観は違う

産婦人科の外来に勤務する知り合いの看護師に聞いところ、医師にも様々な倫理観を持った人がいるようです。

・障がいの疑いがあれば、とりあえず告知を行う先生

 

・障がいの疑いがあっても、胎児の命に直結する問題でなければ告知しない先生

 

・命に問題なく、無事に出産ができればokと考える先生

 

・出産後の家族の暮らしを考慮して、治療・検査を提案を行う先生

 

このように医師によって、出産や出生前診断に対する考え方や倫理観は様々なようです。

 

産婦人科として、胎児の命を守り出産までをサポートすることに重きを置く医師、出産後の家族の暮らしやメンタルケアまで考えて選択肢を与える医師など、多くのタイプの医師に分かれるようです。

 

このため医師によって、出生前診断の説明・実施をするかも分かれてきます。

 

自分の担当の医師がどういったタイプの先生かを把握しておくことが、凄く大切になります。

 

中絶反対派の医師もいる

お伝えしたように、産婦人科の医師には様々な考え方・倫理観を持っている人がいます。

 

中には、命の選択をするという行為(中絶)に反対派の医師もいます。

 

そういった医師は、そもそも出生前診断にも反対ですので、もちろん妊婦の年齢関係なく出生前診断の説明もないそうです。

一番は胎児の命を守り、出産までをサポートするというスタンスだそうです。

対応策:看護師に聞くのが最善

とはいえ、なかなか担当の医師に診察時間中に、出生前診断のことを聞くのって勇気がいるものですよね(^_^;)

・診察時間も短いのに話しにくい…

・こんなこと聞いたら、先生怒らないかな…

・命の選択をしてるように思われて嫌だ…

 

このように思ってしまう方も多いと思います。。

 

そういった場合の対応策として、看護師さんに聞くのがオススメです!

大抵の看護師さんは、その医師の出産に対する治療方針や出生前診断への取り組みに関して、丁寧に教えてくれます◎

 

医師よりも、看護師さんとだと話をする時間も設けやすいですしね!

 

むしろ看護師さんとは、診察毎にコミュニケーションを取っておいた方が良いと思います 。

 

医師に聞きにくいような、妊娠中・出産のちょっと気になることなども相談もしやすくなりますので、積極的なコミュニケーションがオススメです^ ^

 

看護師さんと仲良くなっておくと、入院したからも色々と助けてもらえますしね!

出生前診断は夫婦の判断

最終的には出生前診断を受けるかどうかは、それぞれの夫婦の判断になってきます。

 

出生前診断には、賛否の意見がありますが、個人的には正解がないと思っています。

 

難しい問題ですが…

こればっかりは、ご夫婦で納得のいく結論を出すしかないと思います。。

 

また出生前診断を受けたくても、近くに専門の病院がないっていう方もいらっしゃると思います。

 

こちらの【NIPT平石クリニック】では、全国の提携38医院で新型出生前診断(NIPT)が受けることができます。

 

保険適用外の自費診療にはなってしまいますが、年齢制限などもないですので検討されてみても良いかも知れませんね◎



NIPT平石クリニック公式サイトへ

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

出生前診断に関しては、医師の倫理観の違いや考え方によって、医師から必ずしも説明があるわけではありません。

 

ですから、出生前診断を受けようと考えているけど、医師からは具体的な説明や案内がない方は要注意です。

 

その医師が出生前診断に関して、どのような考えを持っているか、治療方針はどうなのかをあらかじめ把握しておくことが重要です。

 

医師に直接聞きにくい場合には、看護師に聞いてみるのも手ですね◎

 

ぜひ、ご夫婦にとって納得にいく選択をして下さい!

最後までお読み頂きありがとうございました!