【特典】コブクロ配信ライブお得情報【10/3開催】

【完全ミルク育児】ミルク代を節約する簡単な4つの方法【すぐに実践できる】

初めての育児に奔走中ほんそうちゅうのザッキーです。

 

我が家は完全ミルクでの育児をしてますが…

完全ミルク育児で問題となるのが、ミルク代などのお金が掛かること!

・粉ミルク

・割り水

・哺乳瓶の洗剤

・月齢に合わせた哺乳瓶の乳首

これらをざっと合わせると、月あたり約10,000円程度は掛かります。

 

児童手当があると言っても、なかなかの負担(^◇^;)

他にもオムツや服など買わないといけないものはいっぱい。。

 

そこで、少しでも固定費であるミルク代を安く抑えたい。。

でも子供の発育のために、ミルクをケチったり、薄めたりはもちろんダメ!

 

この記事では、少しでもミルク代を節約するためのお得な方法をお伝えしていきたいと思います。

ミルク代を節約する4つの方法

子供の成長を妨げずに、すぐに出来るミルク代の節約方法は4つ!

  • 粉ミルクの選定
  • amazonの定期おトク便の活用
  • キャッシュレス決済を利用する
  • 哺乳瓶の消毒の再考

詳しくみていきましょう!

 

節約①:粉ミルクの選定

まずは粉ミルクの選定!

粉ミルクはいくつか商品がありますが、和光堂の「はいはい」という商品が最も安いです!

 

人気の明治の「ほほえみ」と比べると、1缶あたり約800円も安く買えます♪

 

安いから品質的に不安という声もありそうですが、うちの息子は産まれてからずーっと和光堂の「はいはい」で育っております♪( ´▽`)

 

他の家庭でも、和光堂の「はいはい」は人気のようですね♪♪

 

和光堂の「はいはい」は、コスパが良いだけじゃなくて便通にも良いみたいですね♪♪

 

我が家の息子も、ぐんぐん大きく健康に育っているので問題なしッ!

コスパも最高です♪( ´▽`)

 

特に粉ミルクでこだわりがないのなら、この和光堂の「はいはい」に変えてみるのがおすすめ!

 

節約②:amazonの定期おトク便を利用する

amazonの定期おトク便で粉ミルクを購入するのも節約の手段の一つ!

 

先ほどの和光堂の「はいはい」だと…

通常の注文よりも、amazonの定期おトク便だとさらに5%割引となります

定期おトク便の選択画面

amazonだと買いに行く手間もいらないですし、定期おトク便は配送頻度なども選べて便利ですよね♪♪

定期おトク便だと送料も無料になるのも嬉しいポイント!

 

>>Amazonプライム会員になる

※30日間の無料体験あり

 

世のママさんもamazonの定期おトク便を愛用中♪♪

amazonでミルクを頼んでいるなら、通常注文じゃなくて定期おトク便での注文に切り替えるのがおすすめ!

 

 

節約③:キャッシュレス決済を利用する

先ほどお伝えしたamazonの定期おトク便での注文はすごく便利ですが、実店舗の方が安く売っているケースもあります。

 

また、ミルクがなくなって“今すぐミルクが必要”っていう状況だと、ネット注文に頼れない場合もあります。

 

そんな時にドラッグストアなど実店舗での支払いには、キャッシュレス決済を利用するのも節約の手段になります!

各社ポイント還元など行なっていますので、通常価格よりも数%はお得になります◎

 

キャッシュレス決済は、導入店舗の多い「Paypay」が圧倒的におすすめ!

Paypay」をお持ちのクレジットカードと紐付ければ、ポイントの二重取りも可能で、結果的にミルク代の節約になります♪♪

 

利用は無料

paypayをはじめてみる

 

節約④:哺乳瓶の消毒の再考

哺乳瓶の消毒用の道具や専用の洗浄液ってなかなか高いもの。

大事な子供のために哺乳瓶もしっかり消毒!っていう気持ちも分かりますが、実際に必要なの?っていうのが本音。

 

実際に洗剤でしっかり洗い流せば、十分に細菌を洗い流すことは可能という報告もあります

鹿児島大の吉留厚子教授(助産学)の報告

細菌を哺乳瓶に付着させて、熱湯で加熱したり、食器用洗剤で洗ったりする実験をしたが、洗剤で洗い流すだけでも細菌を取り除くことができたという。

 

特に生後3ヶ月以降では、免疫力が高まりますし、そもそも指やおもちゃなどを口に運ぶようになるので、哺乳瓶の消毒に気を取られすぎなくても良いとされています。

 

詳しくは、朝日新聞の記事が参考になるのでチェックしてみて下さい

参考 哺乳瓶の消毒、本当に必要? 夜中も毎回「しんどい」朝日新聞DIGITAL

 

哺乳瓶用の消毒剤を購入せずに、洗剤だけでまかなえば…

・洗浄用道具:約2,000円

・電子レンジ消毒:約2,000円

・消毒液:1,400円

ザッと5,000円くらいは節約になります♪( ´▽`)

 

とはいえ子供の健康が第一ですので、この辺りは自己責任でお願いします。

 

ただ世のパパ&ママも哺乳瓶の消毒には疑問があるみたい

 

実際に我が家も初めの2週間は、哺乳瓶の洗浄をしていましたが、面倒になって止めました(^◇^;)

ただ、それで子供が感染症になったとかは全くなし。

 

そもそもミルクのお湯自体も高温なので、それ自体が消毒になるよね!というのが主流な考えのようです。

この辺は自己責任の判断でお願いします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

完全ミルクでの育児をされている方に向けて、子供の成長を妨げずに簡単に出来るミルク代の節約方法を4つお伝えしました!

  • 粉ミルクの選定
  • amazonの定期おトク便の活用
  • キャッシュレス決済を利用する
  • 哺乳瓶の消毒の再考

 

ぜひ参考にしてみて下さい♪( ´▽`)

 

今回は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました!