B'zライブ配信チケットお得情報【10/31(土)開催】

一人暮らし必見!固定費を節約して、生活を楽にしよう【今すぐできる5つの具体策】

悩む人

一人暮らしをしてますが、生活が苦しい…

効果的な節約方法を教えてください!

 

今回はこんな悩みを解決していきます。

 

この記事で分かること
  • 一人暮らしの節約ポイント
  • 一人暮らしで効果的な固定費の節約
  • 具体的な固定費の節約

 

どれだけ頑張っても増えないお給料。

 

自由に使えるお金が少なくて、欲しいものを買ったり、思いっきり遊べなくて楽しくない毎日。

 

もっとお金を増やしたくて、食費を削ったり電気をこまめに消して節約をするけど、思ったほど効果がない…。

 

こんな悩みを持つ人は多いはず。

 

そんな人におすすめなのが、生活の固定費をガッツリ見直すこと。

 

この記事を書いている僕も、一人暮らし時代に固定費を見直すことで、遊ぶお金を確保しつつ月7万円の貯金を実現しました。

 

貯金もしつつ、友達とも遊ぶことができるので、メンタル的にも凄くよくて楽しく生活ができますよ。

 

この記事では、僕が実践した固定費の節約について紹介していきますね!

 

固定費を節約して、生活を楽にしましょう。

一人暮らしの節約は、固定費の見直しが効果的

節約

節約と聞くと、食費を削ったり、電気をこまめに消したり、と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

 

上記は確かに節約にはなりますが、頑張っても効果は乏しいし、何より気持ち的にも疲れてしまい生活が寂しい感じになって続かないもの…。

 

そこで効果が高く、メンタル的にも負担の少ないのが固定費の節約!

  • 家賃
  • スマホ代 (通信費)
  • 保険
  • 電気代

etc

 

一人暮らしだと、上記の固定費を節約していくとかなり生活が楽になりますよ。

 

しかも一度、見直しをすれば毎月決まった額の削減に繋がるので、食費や電気代をチマチマと気にしながら節約するよりも効果は高い

 

見直しは少し面倒かもですが、貯金や自由に使えるお金が欲しいなら頑張りましょう!

 

では早速、一人暮らしで見直すべき固定費を見ていきましょう。

効果的な固定費の見直し項目5選

固定費で見直すべき項目は以下の5つ。

効果的な固定費の節約
  1. 家賃
  2. スマホ代
  3. 生命 or 医療保険
  4. 電気代

 

それぞれ解説していきますね。

 

① 家賃

まず1ヶ月の支出のなかでも大きなウェイトを占める家賃。

 

この家賃をどれだけ見直せるかは、節約の大きなポイント。

 

駅から遠い、築年数が経っているなどを我慢すれば、かなり安い家賃の物件を見つけることもできます。

 

一人暮らしであれば、間取りも1Kで十分でしょう。

 

ちなみに家賃は、手取り給料の20%程度を基準に考えると生活が楽になりますよ。

 

もし実家に住めるのであれば、そこそこ貯金が貯まるまでは実家を利用するのもアリ!

 

何となくで一人暮らしをしたり、見栄を張って広い間取りに住むのはお金が減っていくので気をつけましょう。

 

② スマホ代

今や暮らしの必需品となったスマホ。

 

とはいえ、今も3大キャリア (ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホを使っている人は見直しが必須!

 

早く格安スマホに乗り換えましょう!

それだけで月5000円以上、中には1万円近くも節約になることもありますよ。

 

格安スマホと聞くと、通信が遅そうとか、乗り換えが面倒くさそうとか、サポートが悪そうとか思うかもですが、全くそんなことないですよ。

 

格安スマホに変えたところで、大手キャリアと何も変わりません。

大丈夫!変わるのは月々の料金だけ。

 

格安スマホのキャリアは数が多いのでどれが良いか迷うかもですが、下記のキャリアにしておけば間違いなし。

 

運営会社は、誰もが一度は名前を聞いたことがある大手なので安心ですよ。

 

③ 生命 or 医療保険

親や友人が勧めるからなんとなく加入している人も多いのが生命保険。

 

とはいえ、若い年齢では死亡率は低いし、そもそも亡くなったとしても大きなお金を残す必要はそれほどないです。

 

生命保険は奥さんや子供がいる人には、自分が亡くなった場合に大きなお金が要るので加入するメリットはありますが、一人暮らしだとせいぜい葬儀費用が残せればOK。

 

 

また医療保険もそれほど手厚くする必要はありません。

 

  • ガンになったらどうしよう
  • 入院したらお金が掛かるから…

 

上記の不安があるかもですが、日本には高額療養費制度というものがあり、大きな怪我や病気で入院しても一般的な収入の人だと医療費は月額10万円以下のケースがほとんど。

 

なので、その10万円がまかなえるのであれば、医療保険はなくてもOK。

 

がん保険も人気ですが、20代で癌になる確率は約0.04%(2500人にひとり)、30代では約0.1%(900人にひとり)と確率は低いんです(厚生労働省)。

 

これをどう考えるかは人それぞれですが、それほど怖がることはないですね。

 

それでも不安という人は、必要最低限の保険にしておけばOKでしょう。

 

自分で保険を選ぶのが自信がない人は、プロ(ファイナンシャルプランナー)に相談するのもアリ。

 

最近だと自宅にいながらオンライン上で、しかも無料で相談できる保険ONLINEというサービスが人気ですよ。

>>無料でプロに保険相談をする

 

④ 電気代

上記の家賃やスマホ代、保険代に比べると月あたりの節約額少ないですが、電気代も節約を考える上では外せないポイント。

 

とはいえ、年間で言えば数万円も安くなるケースもあるので、検討してみる価値はアリかなと。

 

ネット上で電力会社を選んで申し込むだけで、切り替えれて電気代の節約になるのですごく簡単ですよ。

 

こちらの負担はほぼのないので、やっておくべき固定費の見直しの一つ。

 

ただ中には電力会社を変えることで、逆に電気代が上がってしまうケースもあるので、注意が必要。

 

なので一度、比較サイトで複数の電力会社の電気代を見積もりしてみるのが良いですね。

 

 

⑤ 車

車を持つということは、すごくお金が掛かるもの。

 

車両価格だけでなく、維持費や保険代など…

車を手放すだけでも生涯でみると数千万円の節約になるとも言われています。

 

ただ地方在住で、車が必要という人もいますよね。

そういったケースでは、車を手放すのは難しいですが、車に掛かるお金を節約することは可能。

 

具体的には以下の2つ。

  1. 車両は中古
  2. 保険はネット型保険

 

車を無理に新車で買う必要はなく、新古車や中古で十分。

 

見栄を張って新車のアルファードをローンで買っている若い男子って多いですが、ローンの支払いでかなり成果がカツカツな人も…。

 

また車の保険も加入は必須ですが、ディーラーや家族の勧めで加入した高い保険にしている人も多い…。

 

そんな保険をネット型の自動車保険に変えるだけで、年間2〜4万円ほど安くなるケースも多いんですよね。

 

ネット型の自動車保険の会社は多いですが、一括で見積もりを取って、保証内容と保険料の納得のいく会社に乗り換えましょう。

>>無料で自動車保険を一括で見積もりする

固定費の節約ができたら、次は稼ぐ力を身につけよう

上記5つの固定費を見直せて、月々の出費を必要最低限にできれば、次は稼ぐ力を身につけていきましょう。

 

固定費を見直して支出を減らすだけでは、充分に豊かになるとは言えません。

 

お金を守りつつも、稼いでいくことが大切。

 

現代だと便利な世の中で、スマホ一つでも数万円〜数百万円も稼げる時代。

 

アルバイトのように自分の時間を切り売りする副業よりも、ストック型ビジネスと呼ばれる副業を始めるのがおすすめ。

ストック型ビジネスの一例
  • ブログ
  • youtube
  • 音声配信
  • 自主コンテンツの販売

最初は作業時間が多くて大変ですが、ある一定のラインを超えてくれば稼げるようになってきます。

 

寝てても、遊んでる時間にもお金を生み出してくれるストック型ビジネスは最強っす!

まとめ:一人暮らしは固定費を見直して、生活を楽にしよう

この記事では、「一人暮らし必見!固定費を節約して、生活を楽にしよう【今すぐできる5つの具体策】」について書きました。

 

一人暮らしでついて回るのが、お金の問題。

 

節約のポイントは支出を減らすこと。

特に固定費と言われる、毎月一定で必要な金額を抑えると生活が一気に楽になりますよ。

効果的な固定費の節約
  1. 家賃
  2. スマホ代
  3. 生命 or 医療保険
  4. 電気代

 

上記5つは、一人暮らしなら必ず見直したい項目。

 

固定費を見直して生活を楽にして、自己投資や遊びを楽しみましょう!

 

今回は以上です。

 

人気記事紙の本が好きだった僕が、オーディブルを使ってみた正直な感想【登録・使い方も解説】

人気記事オーディブルの返品制度はめっちゃお得な神制度【返品・交換方法も解説】