タイムセール祭りお得情報【9/19〜21開催】

【不妊治療】夫として心掛けた6つのこと

女性の社会進出や晩婚化の流れもあって、不妊治療を行う夫婦が増えてきました。

私たち夫婦も不妊治療を経験して、子供を授かることができました。

 

この不妊治療って本当に過酷で、経験したことがある人にしか分からない苦労も多いと思います。

どうしても女性への負担が大きくはなるのですが、私たち男性側でも出来ることはたくさんあります。

 

この記事では、不妊治療の中で夫として私が心掛けたことをお伝えしていきたいと思います。

 

心掛けた6つのこと

不妊って、どこか女性に問題があって起きていると考えている人はまだ多いのが現実です。

だから治療自体を女性に投げやりな人も多いみたいです^^;

 

しかし、今では研究で不妊の原因は男女半々ということが分かってきています。

仮に女性側の問題だとしても、夫としてサポートしないと不妊治療は乗り越えられないと思います。

 

1.検査を受ける

男性だから!若いから大丈夫!なんてことはないです。

先ほども述べましたが、不妊の原因は男女半々ということが分かっています。

 

目に見えて健康な人でも、生殖器には何らかの問題がある人もいます。

こればっかりは病院でしっかり検査を受けないと分かりません。

 

 

私も一通りの検査は受けました。

 

女性ばかり検査を受けても、結局は男性側に問題があった!では時間が勿体ないですからね^^;

 

まずは男性側の生殖器に構造的に問題がないことを確認してもらうことが大事ですね!

ですから、まずは男性諸君がしっかりと検査を受けましょう!

 

2.精子を良い状態にする

検査を受けて、特に生殖器に問題がないと言われて安心ではありません。

 

やはり自分自身の生殖機能は良い状態にしておくことが大事だと考えました。

つまりは精子を良い状態にしておくことですね!

 

精子の運動率なども妊娠には大事ですからね!

 

具体的には…

・飲酒量をセーブする

 

・食事をバランスよく摂る

 

・定期的に軽めの運動をする

 

・ストレスを溜めない

 

・トランクスを履く(夜だけでも)

 

私は少なくとも上記のことに心掛けました!

 

3.積極的に治療には参加する

不妊治療で通院する際には、必ず付き添うようにしました。

また治療の説明などを聞くために、ただ待合で待つだけでなく診察室にも入るように心掛けました。

 

 

特に通院に関しては病院までが2時間と遠いのもあったのですが、やはり不妊治療って女性はかなり不安な気持ちになっています。

ですから、少しでも一緒にいることで不安な気持ちを和らげればと考えました。

 

今後の治療の流れなどを聞くときも一人だと不安ですしね。。

夫婦2人で治療を受けるというスタンスを持つことは、不妊治療を乗り切るポイントだと思います。

 

4.妻のストレスを発散させる

不妊治療の期間が長くなってくると、妊娠できるかどうか不安も募りストレスも溜まってきます。。

 

で、やはり妊娠にはストレスが大敵です!

 

妻のストレスが少しでも緩和できるように、病院帰りには妻の行きたがってたカフェに行ったり、たまに趣味の旅行に行ったりしてストレスを柔らげるようにしました!

 

ストレスの解消方法は人それぞれですから、色々と試してみましょう!

 

私は寝る際にアロマを焚いたり、ヒーリング音楽などを掛けたりと普段から自律神経を整えるような工夫もしました^ ^

 

5.不妊治療の考えを共有

不妊治療は大きく流れが決まっています。

 

タイミング法 → 人工授精 → 体外受精

 

特に人工授精からは保険外の自費となりますから、経済的な問題も出てきます。

どこまでの治療を何回程度を行うか、夫婦として治療の方向性や考えを共有しておくことは大事です。

 

6.夫婦の会話を増やす

不妊治療でなかなか成果が出ないと、少しずつ明るい希望が失われていき夫婦の会話も減ってきたりしやすいです。

また女性は特に自分だけの問題ではないと分かっていても、ついつい自分を責めがちになって塞ぎ込みやすいです。

 

そんな時こそ、夫婦の会話を!

話すのは何だっていいのです!

 

あなた(奥さん)といると楽しいよ!

別に夫婦2人でも楽しく生活できる!

 

こんな感じ出せたらと思って、積極的に何気ない話をするようにしました。

 

 

これが妻に上手く伝わっていたかは分かりませんが、会話をして笑顔になれる時間が取れていたので良かったかなと思います(*´∀`*)

 

おわりに

不妊治療期間で私が心掛けた6つのことをお伝えしました。

正直、何が正解かは分かりませんし、夫婦それぞれで男性が出来るサポートの形は違ってくると思います。

少なくとも奥さん1人に任せっきりにするのではなく、夫婦2人で乗り越えていくことが大事だと思います。

そのために私たち男性側にできることはたくさんあります。

不妊治療を頑張る夫婦に素敵な結果が出ますように!

最後までお読み頂きありがとうございました!