【最新版】コーヒーメーカーおすすめBEST3

【最新版】ハンドドリップに必要なコーヒー器具まとめ【初心者向け】

悩む人

自宅でも美味しいコーヒーを淹れたい。

ハンドドリップ するにはどんな器具が必要ですか?

 

今回はこんな疑問を解決していきたいと思います。

 

この記事の内容
  • ハンドドリップに必要な器具
  • おすすめのコーヒー器具

 

ハンドドリップでは、色んなメーカーからたくさん専用の器具が販売されているので、初心者がいきなりアマゾンを見て選ぶのは難しいです。

 

他サイトでもハンドドリップの器具が紹介されていますが、初心者向けではない器具が紹介されていることも多いです。

 

この記事では、実際に毎日ハンドドリップでコーヒーを淹れている筆者が、初心者向けのコーヒー器具を紹介していきますので、そも点は安心してください。

 

では早速、初心者向けのハンドドリップ に必要な器具をみていきましょう。

ハンドドリップに必要なコーヒー器具は5つ

 

ハンドドリップをする時に、最低限あった方が良い器具は5つ。

  1. グラインダー
  2. ドリッパー
  3. スケール
  4. ケトル
  5. 温度計

だいたいこの5つを揃えておけばOK。

 

細かくみると、もっと必要な道具もありますが、それはハンドドリップ 初心者には必要ないもの。

 

最低限で無駄な出費をせずに、ハンドドリップを始めるのが良いでしょう。

 

ではそれぞれの器具のおすすめの器具をみていきましょう!

初心者におすすめのグラインダー

コーヒー豆を挽くのに必要なグラインダー。

 

お店でコーヒー豆を挽いてもらうのもありですが、コーヒー豆は生物なので挽いてしまうと酸化しやすく、香り・味共に劣化が早まります。

 

なので、飲む直前にコーヒー豆を挽くのがおすすめ。

 

グラインダーには手動と電動タイプがあります。

 

初めのうちは、手動タイプでコーヒー豆を“ガリッガリッ”と挽くのは楽しいですが、だんだん面倒になります…。

 

後々のことを考えると、電動タイプのグラインダーが圧倒的に便利。

 

おすすめのグラインダーがこちら

ラッセルホブス コーヒーグラインダー

お洒落な見た目で、置いておくだけでも部屋のアクセントになります。

 

コーヒー豆の挽き目はバラつき易いですが、お値段も手頃で使い勝手も良いです。

 

まずコーヒー豆から挽いてコーヒーを淹れてみたい!っていう人にはピッタリなグラインダーです。

カリタ コーヒーグラインダー NEXT G

予算に余裕があれば、このカリタNEXT Gを使って欲しい。

 

コーヒー専門店でもこのグラインダーを使っているところもあって、店員さん曰く挽き目が均一で飛沫が少なく雑味が出ないとのこと。

 

見た目もカッコよくて、本格派!

初心者におすすめのドリッパー

 

ドリッパーはコーヒーを抽出する時に、フィルターを敷いて粉を入れる器具。

 

ドリッパーに関して、ハリオV60(円錐型)と言う商品が断然おすすめ

 

この辺は好みにはなりますが…

多くのコーヒー専門店を訪れてチェックしてきましたが。ハリオV60を使っているお店が多いです。

 

おすすめのドリッパーがこちら

ハリオ V60 円錐型

個人的には、このスタンドセットが使い勝手が良かったです。

 

このスタンドは、後から紹介するスケールにぴったりおさまるのでドリップがしやすくなります ^ ^

 

フィルターはV60専用フィルターを使います。

 

kalita ウェーブドリッパー

中〜深煎りコーヒーを淹れるなら、このウェーブドリッパーが最適。

 

コクがありながらも、まろやかなコーヒーの味が楽しめます。

初心者におすすめのスケール

 

ハンドドリップでは、抽出する時間や湯量のチェックが欠かせません。

 

その時に役立つのが、スケールと呼ばれるタイマー付きの計りです。

 

スケールは、ハリオ V60ドリップスケールの一択かなと思います。

 

こちらの商品も、数多くのコーヒー専門店で使われています。

 

重さ(リセット機能あり)、時間を正確に測れます。

 

おすすめのスケールがこちら

ハリオ V60 ドリップスケール

説明不要の王道スケール。
これを買っておけば間違いなし!

初心者におすすめのケトル

 

美味しいコーヒーの抽出には、専用の注ぎ口が細いドリップポッドが必要になります。

 

でも、お湯を別で沸かして、ドリップポッドに入れ替えて…とちょっと面倒。

 

そこで便利なのが、ドリップしやすい細口の電気ケトル。

 

お湯を沸かして、そのままドリップ可能。

 

おすすめの商品がこちら

ラッセルホブス 電気カフェケトル

グットデザイン賞受賞の逸品で、もちろん機能性も間違いなし!

 

見た目もカッコよく、部屋に置いてても雰囲気も壊しません。

むしろ映えます!

 

先ほど紹介したラッセルホブスのグラインダーと並べて飾れば、お洒落。

 

ハリオ コーヒードリップケトル・ヴォーノ(温度調整機能付)

コーヒー抽出は、お湯の温度が90°前後が良いとされています。

 

こちらのケトルは、温度調整機能付きで設定した温度で沸くので、沸騰後にお湯を冷ます必要がありません。

 

これ意外と便利で、ハンドドリップ には大事な機能。

 

少し値段は張りますが、予算に余裕があれば買っておきたいケトル。

初心者におすすめの温度計

ドリップ時のお湯の温度の違いで、コーヒーの味に大きな違いが出ます。

 

不思議ですが、本当に味わいが変わります。

 

個人的には、おおよそ90°が美味しいコーヒーを淹れる温度だと感じでいます。

 

おすすめの商品がこちら

タニタステック温度計

 

 

こちらは、安心のタニタ製品。

 

正確な温度測定が可能です。

まとめ:ハンドドリップに必要な器具は

いかがでしたでしょうか?

 

コーヒー器具って、本当に色々あります。

 

が、この記事で紹介した器具は実際に使って良かった器具だけで、初心者の方にも扱いやすい器具です。

 

さぁあなただけのハンドドリップで、美味しいコーヒーを淹れてみましょう!

>>【ハンドドリップ】美味しい浅煎りアイスコーヒーを淹れる方法

 

今回は以上です。

 

人気記事【コーヒーマニアがおすすめ】通販で買える美味しいコーヒー豆5選

人気記事【最新版】コーヒーメーカーおすすめランキングBEST3【初心者向け】