【特典】コブクロ配信ライブお得情報【10/3開催】

コーヒー豆の王様!ゲイシャとは?

こんにちは!

 

コーヒーショップで豆を買って、自宅でハンドドリップをしている方なら聞いたことがある「ゲイシャ(ゲシャ)」

日本人なら芸者?と思ってしまいそうな名前ですよね(笑)

 

ゲイシャの豆は販売しているコーヒーショップの中でも高額な値段設定で売られていますが、その値段に負けず劣らず本当に美味しいゲイシャの豆。

 

まさにコーヒー豆の王様!

 

そんなゲイシャの豆が、今年も各ショップで続々と販売が始まってます。

 

この記事ではコーヒー豆の王様と称されるゲイシャについて紹介していきます。

ゲイシャとは?

ゲイシャは一定の条件を満たした高地にしか根づかず、育てるのが難しく、さらにコーヒーの木になる実が少ないのも特徴。

 

栽培効率が悪いためコーヒー農家から敬遠され、収穫量が非常に少ないことから「幻のコーヒー」と呼ばれています。

ゲイシャのコーヒーチェリー

単に希少種というだけでなく、ゲイシャ種は味が強く、個性的な香りで、多くのコーヒーマニアを引きつける憧れのコーヒー豆!

 

その風味はゲイシャフレーバーと呼ばれ、ジャスミンやパッションフルーツなどの果物にも似ています。

 

一口飲んだだけで、その違いを感じることができるでしょう!

 

世界を驚かせたゲイシャ・ショック

そんなゲイシャが一躍、世界のコーヒーラバーから注目を集めたのが2004年に開催されたベスト・オブ・パナマというパナマの国際品評会でのこと。

 

その国際品評会で1位に輝いたのがエスメラルダ農園のゲイシャ種!落札価格は当時の最高価格、21アメリカドル(1kgあたり約5,000円)!!

 

品評会で取り上げられるや否や、ゲイシャ種の持つジャスミンに例えられるユニークな風味の個性は、一気に世界に名を轟かせたのです。

 

まさにコーヒー界にゲイシャ・ショックが起こったのです。

その後の品評会(ベスト・オブ・パナマ)でも、エスメラルダ・ゲイシャ一強の時代が続きました。

 

2007年まで連続で1位に輝き、その年には「1ポンド=$130(1kg≒3万円)」で世界最高落札価格を更新しました。

 

2008年からはエスメラルダスペシャルという、エスメラルダ農園のゲイシャ種のみのオークションという特別枠が設けられております。

 

ゲイシャがコーヒー界において、その確固たる地位を築いたと言えます。

ゲイシャを飲んでみよう!

兎にも角にもコーヒーラバーなら、是非とも飲んでもらいたいゲイシャ!

飲めばその違いが分かり、その魅力に取り憑かれるはず!

 

この時期は各ショップ、ゲイシャ種の販売を行なっています。ハンドドリップする方は是非、チェックしてみて下さい♪( ´▽`)

 

また必ずではありませんが、期間・数量限定でスタバやローソンの街カフェでも販売されることもありますので、そちらもチェックしてみて下さい。

 

コーヒーラバーなら毎年飲みたい希少種ゲイシャ。今年の入荷も楽しみですね!!