kindle3ヶ月99円キャンペーン中

【不妊治療から妊娠へ】私達が意識して摂取した栄養素はタンパク質!

不妊治療中の人は妊娠のために栄養・食事に気を使ったり、サプリの情報を調べたりして試行錯誤していると思います。

 

私たち夫婦も不妊治療中には、妊娠のために効果的とされる栄養を意識的に摂ったり、サプリなどを試してきました。

そんな中で、私たち夫婦はある栄養素を意識的に摂取するようになってから妊娠に至りました。

 

その栄養素は『タンパク質』です!

 

この記事では、私たち夫婦が意識して摂取したタンパク質と不妊の関係性について東洋医学の知見も交えながらお伝えしていきたいと思います

あくまで私たち夫婦にとっては良い結果となった栄養素であり、これだけが全てではないですが良ければ参考にしてみてください!

不妊症の人の特徴

不妊症の人の傾向として、以下の2つの状態が挙げられます。

・鉄分不足(低フェリチン)

・低タンパク

 

この2つの栄養が足りていないことが指摘されています。 

 

妻の状態を振り返ってみても、昔から貧血傾向でしたし、牛肉や豚肉が苦手であまりお肉を食べる機会がなかったです。

 

ん〜めっちゃ当てはまってる…(^◇^;)

まさに不妊症の傾向にありました。

 

妊娠には『血』が必要

東洋医学では妊娠・出産には、大量の『血』が必要とされています。

東洋医学の『血』

東洋医学の『血』は、一般的な血とは若干ニュアンスが異なりますが、ここではほぼ同義と考えてもらって結構です。

 

この血は、働きすぎたり悩みすぎたりなどストレスが掛かる状況で不足した状態になりますし、 偏った食事やダイエットでこの血を作り出すことができないとされています。

 

これも振り返ってみると妻に当てはまることばっかりですね^^;

妻は仕事でもストレスが掛かっていましたし、私との夫婦喧嘩でもストレスがあったし、食事の好き嫌いが多いし、標準体重なのに体重が増えるのを気にしてあまり量を食べなかったり…

【体験談】不妊治療はメンタルとの戦いです。夫がみた妻の意外な苦悩

 

あ〜全部当てはまってる…

食事面でも鉄分やタンパク質などの栄養は足りてないし、ストレスも掛かって『血』が作られない状態だったのです。

 

東洋医学では不妊は血虚

この血が足りない状態を東洋医学では『血虚』と言います。

 

妊娠の土台となるこの血が作られない状態があると、東洋医学的には不妊になると言われています。

ですから不妊症を克服していくためには、東洋医学でいう『血虚』状態を改善していくことが大切になってきます!

血虚の改善にはタンパク質

この血虚の状態を改善するために必要な栄養素が…

 

タンパク質です!!

 

つまりはお肉ですよね!

豚肉、牛肉、鶏肉なんでもオッケーです!

 

さらにこのお肉にはタンパク質だけじゃなくて、鉄分も豊富に含まれています!

 

まさに西洋医学にみても不妊症の人の傾向である低タンパク、鉄分不足の状態を改善するのにはお肉を取るのが最適なのがわかってくると思います!

 

ただタンパク質はお肉などの動物性だけじゃなくて、豆腐などの植物性のタンパク質を摂ることも推奨されています!

 

注意
動物性タンパク質の過剰摂取は不妊症のリスクを高め、植物性たんぱく質の摂取は不妊症のリスクを下げると論文で報告されています。

 

タンパク質で作られる『血』が土台

不妊症を克服して妊娠するためには、タンパク質が必要なことは分かりましたね!

 

でも他にも緑黄色野菜や生姜なども不妊には良いと聞きますよね!

もちろんブロッコリーはホウレンソウなどの鉄分や葉酸ビタミンが豊富に含まれている緑黄色野菜は、不妊症に効果的とされています。

 

確かに妊娠に必要な栄養群も多く含まれているんですけれども、 東洋医学的に見ると血が作られた状態でそれを貯めておく役割があるのがこの緑黄色野菜です 。

 

また生姜も血や気の巡りをよくする食材ですので、あくまで血がないといけません。

そのために必要なのが血を作るタンパク質なのです!

 

まずは土台である『血』を作って血虚の状態を改善することが大切です。

 

積極的にタンパク質を摂取

私たち夫婦もお肉やお豆腐などを意識して摂取するようにしました。

 

そうすると妊娠という嬉しい結果に結びつきました!

必ずしも妊娠に至ったのが、タンパク質を摂って『血虚』が改善されたことだけではないと思いますが、振り返っても大きく変わった習慣がこのタンパク質を摂取するようになったことくらいでした。

 

ですから私たち夫婦が妊娠に至った大きなキッカケは、タンパク質を意識的に摂取するようになったことと言えます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

私たち夫婦は積極的にタンパク質を摂るようになって妊娠に至るようになりました。

どこまで直接的な影響があるかはわかりませんが、不妊治療から妊娠に至ったきっかけとして一番に思いつくのはこのタンパク質を意識的に摂取するようになってからです。

 

必ずタンパク質を摂ると妊娠するというわけではないですし、食事や栄養以外の要素が大きいのも事実です。

しかしご自身の食生活を振り返ってみて、お肉を食べる機会が少ない、タンパク質が取れていないと感じる方は参考にしてみてもらうと良いかと思います。

 

妊娠を望む人に良い結果が訪れますように^ ^

 

最後までお読みいただきありがとうございました!