kindle3ヶ月99円キャンペーン中

コーヒー飲むと気持ち悪い!?吐き気、頭痛、下痢が起こる理由と対策まとめ

悩んでいる人

コーヒーを飲むと吐き気がして気持ち悪るくなるんですけど、何が原因ですか?

 

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

 

この記事で分かること
  • コーヒーで体調が悪くなる理由
  • コーヒーアレルギーについて
  • コーヒーを飲んで気持ち悪くなった時の対策

 

コーヒーをたくさん飲んだり、たった1杯飲んだだけでも…

  • 胸がムカムカして吐き気がする
  • ガンガン頭痛がしてくる
  • 胃が痛くなって、下痢になる

 

上記のような症状が出ることがあります。

 

結論から言うと、これはコーヒーに含まれる成分や、コーヒーに入れる添加物、飲む人の体質などが原因として挙げられます。

 

この記事ではもう少し深掘りしていき、コーヒーを飲むと体調不良になる原因と対策について解説していきます。

 

コーヒーが好きだけど飲むと気分が悪くなる…

と言う人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コーヒーを飲むと気持ち悪くなる原因

コーヒーで気持ち悪くなる主な原因は、以下の4つ

コーヒーで気持ち悪くなる原因
  1. 胃酸の過剰分泌
  2. コーヒーアレルギー
  3. 自律神経の乱れ
  4. コーヒーが古く酸化している

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

1.胃酸の過剰分泌

コーヒーにはカフェインの他にも、クロロゲン酸という成分が含まれています。

 

実は、このクロロゲン酸が胃酸の分泌を促すと考えられています。

実験の結果、カフェインレスコーヒーでも胃酸の分泌量は多くなることがわかり、現在ではクロロゲン酸の作用ではないかと推測されています。

引用:日本スペシャルティコーヒー協会

コーヒーを飲んで、胃酸が分泌されること自体は悪いことではないです。

 

ですがコーヒーの飲み過ぎで、胃酸が分泌されすぎると胃の粘膜が刺激され、吐き気や胃もたれなどを感じます。

 

また、そこまでコーヒーを飲んでいなくても、体調やストレス状況によって気持ち悪くなることも…。

 

空腹時のコーヒーも、消化するものがないのに胃液が分泌されてしまうので、気持ち悪くなってしまうことがあります。

 

2.コーヒーアレルギー

アレルギーと聞いてぱっと思いつくのが、卵や大豆、エビ、牛乳ですよね。

 

ですが、実はコーヒーでもアレルギー症状がでる人がいます。

  • 身体の痒み
  • 頭痛
  • 動悸
  • 痙攣
  • 吐き気

アレルギーの原因・治療法は人によって違ってくるので、上記のような症状が出たら医師の診察を受けてください。

 

アレルギーは、ある日突然に出ることもあるので、注意して下さい。

 

またコーヒーを飲み過ぎても、同じような症状が出ます。

これはコーヒー中毒と言われ、カフェインの過剰摂取が原因です。

 

コーヒー(カフェイン摂取量)は、1日3〜4杯が適量なのでくれぐれも飲み過ぎには注意しましょう!

 

3.自律神経の乱れ

自律神経は簡単に言えば、体を常に良い状態に保ってくれている神経で、交感神経と副交感神経の2つがあります。

 

コーヒーに多く含まれるカフェインには、眠気を吹き飛ばす覚醒作用があります。

 

この覚醒作用が強く働きすぎると、自律神経の交感神経が活発になりすぎて、頭痛や吐き気などの気持ち悪さが出てくることも…。

 

なので1日でコーヒーを飲み過ぎたり、眠気を吹きたばしたいからといって短時間でのガブ飲みには注意しましょう!

 

4.コーヒーが古く酸化している

意外かもですが、実はコーヒーにも鮮度があります。

 

焙煎してから時間と共に酸化して、どんどん状態が悪くなっていきます…。

 

酸化したコーヒー豆は、雑味・酸味が強くなってしまい、香りも弱くなってしまいます。

 

酸化したコーヒーを飲むと、体調や体質によっては吐き気などの拒否反応が出ることも…。

 

コーヒー豆を購入してからは、直射日光を避けつつ密閉容器に入れて保存し、できるだけ早く飲みきるのことが重要!

 

ちなみにコーヒー豆は、冷凍庫での保存が良いと言われますが、取り出すたびにコーヒ豆が湿気てしまい劣化するので、密閉容器での保存がおすすめ。


 

コーヒーは生鮮食品と同じで、鮮度が重要です。

 

コーヒー豆は通販でも購入できるので、鮮度の良い豆を購入して、早めに飲みきるようにしましょう。

関連 通販で買える美味しいコーヒー豆5選【年間1200杯飲むコーヒーマニアが厳選】

コーヒーを飲んで気持ち悪くなった時の対策

次にコーヒーを飲んで、気持ち悪くなってしまった時の対処法を紹介していきますね。

 

対処法
  • 水分の摂取(白湯がベスト)
  • 深呼吸やストレッチをする
  • しばらく食事を控える
  • 病院に行く

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

水分の摂取(白湯さゆがベスト)

コーヒーを飲んで気持ち悪い時は、まずは体内のカフェインやクロロゲン酸の濃度を下げることが有効。

 

胃腸に負担を掛けないためにも、冷たい水よりも白湯(人肌くらいのお湯)がベスト。

 

さらに白湯を飲むことでリラックス効果もあり、自律神経の乱れも整えてくれます。

 

深呼吸やストレッチをする

カフェインの影響で、自律神経のバランスが乱れてしまい気持ち悪くなったしまった人におすすめ。

 

呼吸やストレッチをすることで、副交感神経の働きを高めてくれるので、自律神経のバランスが整いやすくなります。

 

特に呼吸は、副交感神経の働きを高めやすいのでおすすめですよ。

 

しばらく食事を控える

コーヒーの飲み過ぎで胃腸に負担が掛かっている場合、さらに食事をしてしまうと、胃酸の分泌が増えて気持ち悪さが強くなってしまいます…。

 

気持ち悪さが残る間は、食事を控える方が無難です。

 

どうしてもお腹が空いて我慢できない!

という人は、お粥などの消化の良い胃腸に負担を掛けない食事を心がけましょう。

 

病院に行く

コーヒーを飲んで気持ち悪くなる人の中には、アレルギーの場合もあります。

 

一向に症状が良くならない、飲むたびに気持ち悪くなる人は、病院で医師に相談しましょう。

 

油断は禁物ですよ!

コーヒーを飲んで気持ち悪くなる原因と対策まとめ

この記事では、「コーヒー飲むと気持ち悪い!?吐き気、頭痛、下痢が起こる理由と対策まとめ」について書きました。

 

コーヒーを飲んで気持ち悪くなるのは、以下の原因があります

  • 胃酸の過剰分泌
  • コーヒーアレルギー
  • 自律神経の乱れ
  • コーヒーが古く酸化している

 

またコーヒーを飲んで気持ち悪くなった時は、以下の方法を試してみましょう

  • 水分の摂取(白湯がベスト)
  • 深呼吸やストレッチをする
  • しばらく食事を控える
  • 病院に行く

 

とにかくコーヒーの飲み過ぎは禁物!

コーヒーは、1日3〜4杯くらいにしておきましょう。

 

コーヒーと上手く付き合いあいながら、楽しいコーヒーライフを送りましょうね。

 

今回は以上です。

 

コーヒーの記事一覧へ 

 

人気記事【最新版】コーヒーメーカーおすすめランキング【初心者向け】

人気記事【ハンドドリップ】初心者向けおすすめコーヒー器具まとめ