【特典】コブクロ配信ライブお得情報【10/3開催】

不妊治療中に言われて心にグサッときた6つの言葉

不妊治療中は本当に些細なことで、メンタルがやられやすいですよね。

特に友人や他人からの何気ない一言によって、傷ついてしまうケースって多いんじゃないでしょうか?( ;  ; )

 

私も不妊治療を経験する中で、多くの人から様々な言葉を掛けられることがありました。

もちろんうれしい言葉もありましたけれど、 心にグサッとくるようなツラい言葉もありました。

 

男性である私でもそういった言葉を言われるとかなりツラかったので、不妊治療中の女性なら尚更じゃないかなと思います( ;  ; )

 

この記事では不妊治療中に言われて、心にグサッときた言葉を6つピックアップしてお伝えしていきたいと思います。

ぜひ周りに不妊治療をしている人がいるのなら、ちょっと気をつけてあげて下さいね!

言われてツラかった6つの言葉

 

① 早く子供は作った方がいい

接客業という仕事柄、中高年の方と接する機会が多くあります。

そういった方々と世間話をするの中で、自然と私の年齢の話や結婚しているのかという話になっていきます。

 

結婚していることがわかると次に聞かれるのが、子供がいるのかどうか。

 

そして…

子供がいないとなると、 決まって言われるのがこの言葉。。

 

こっちだって妊娠できるものなら、早くしてるよッ!って感じ。

もちろん笑顔で話を流しますけど^^;

 

② 種なしなんじゃないですか?笑

これは後輩に言われたツラい言葉でした。

 

お酒の席で冗談ぽく言われた言葉ですけれども、めちゃめちゃ心にグサッときました。

まぁ悪気はなく冗談と分かっていましたけど、本気でそうなんじゃないかと悩みました。

種なしとは…

女性だと分からない方もいるかもしれないので補足。

 

種なし=精子がない

 

妊娠能力のない男性を指す言葉です。

 

③ 赤ちゃんできたよ

これはグサッとくる言葉というよりは、ちょっとつらかった経験の時の言葉です。

 

ウチの甥っ子がある日突然電話してきて、この言葉を言われました。

一瞬何のことかな?と思ったんですけれども、どうやら兄夫婦に子供が出来たという知らせを甥っ子が電話で言ってきてくれたのです。

 

この時は私たち夫婦も不妊治療をしていて、なかなか結果が出なくてツラい時期でしたので、兄弟の幸せな出来事なのに率直に喜べない自分がいました。

 

兄夫婦にはできて自分たちには子供ができない。

 

なんだか両親も兄夫婦やその子供にばっかり気持ちがいってると感じて、すごいつらかったです。

もう兄夫婦に子供がどんどんできて、自分達夫婦に子供は期待されてないんじゃないかと悲観しました。

 

④ ウチも2人目不妊なの

これは別記事にも書いたんですけれども、子供のいる友人に言われて傷ついた言葉です。

むしろちょっとムカついた言葉かも(^◇^;)

 

友人からすると自分たちも2人目がなかなか出来ないから、分かるよ!ツラいよね!頑張ろう!というニュアンスの共感を込めた言葉だと思います。

 

でも自分たち夫婦に1人目の子供ができるかどうかも分からないような状態…

やっぱでも子供がいるのといないとでは状況が違います。

 

個人的には上位に入るようなツラかった言葉ですね。

【不妊治療】「ウチも2人目不妊なの」という言葉は慰めになってない。

 

⑤ 子供がいた方が幸せだよ

この言葉は、親戚や仕事のお客さんなのに言われることが多かったですね。

結婚して子供ができるそれが当たり前の幸せ。

 

確かにそうかもしれません。

 

でも、なかなか子供が出来なかった時期にはそうは思いませんでした。

 

夫婦二人でも十分幸せだと言い聞かせながら、この言葉を言われた時には乗り越えていたのを今でも覚えています。

 

⑥ 子供はまだか?

両親、特に父親に言われることが多かった言葉です。

これは不妊治療経験者がよく言われてツラい言葉かなと思います。

 

この言葉は言われるのもツラいですが、時間が経ってだんだんと言われなくなるのもまたツラい言葉。

 

言われなくなってくると、自分達夫婦には子供ができることを期待されてないと感じてきます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

個人的に不妊治療中に言われて、心にグサッときてつらかった言葉を6つ紹介しました。

 

人によってツラいと感じる言葉は異なるとは思います。

不妊治療中だからってあまり悲観しすぎる必要はないですし、周りから気を使われ過ぎるのも嫌になりますよね。

 

でも、ちょっとした一言によって不妊治療中の人は傷つきやすいので、周りにそういった方がいたら少し参考にして頂ければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。